iso tank

三度三度のあじのもと

よーく見てみよう

<友人A> 08-08-05 「 ハッピーサマープログラム 」3nd Programスタート!

<友人A> ・_・)… 3nd

>俺様< Lupin the 3nd

<友人B> 3rdじゃなくて3nd

<友人B> ろくなやつのこってないのか。。。ごんぞっぞ

>俺様< ネタだといってよごんぞ

>俺様< 4の時も

>俺様< 4rdとかするんだよね!?

<友人B> 4nd!

<友人C> ちゃう

<友人C> 3んd

<友人C> は

<友人C> MOEの伝統

<友人C> だから正解

<友人C> RAんときのベータテストとかで

<友人C> 3ndテスト

<友人C> ってまちがえたんだよ

<友人C> んで、それからRAとMOEは

<友人C> サードを3ndにするっていうお約束がある

>俺様< そーなのか・・・

そーだったのか・・・

幼馴染み

ウチと隣の家は親戚である。

これ世間の人に言わせると「隣の家と親戚とかって、あるんだ・・・w」となる。そーですよ、あるんですよ斉藤(仮名)さん!

説明すると、うちのひいおばあちゃんが隣の家のおばあちゃんと姉妹。隣の家のひいおばあちゃんが、こっちの家に嫁いだのだ。となると? うちのおじいちゃんと隣の家のおとうさんが従兄弟であり、うちのおとうさんと隣の家のお子さん(つまり俺と同年代の人)が又従兄弟である。

昔ってほら、6人兄弟とかザラだったわけですよ。ね? そうなると長女と末女の年齢差は推して量るべし。場合によってはちょっとヤングな親子ぐらいの年齢差が生まれるわけですよ。

で? そうなると? 昔からひいおじいちゃんとひいおばあちゃんは隣の家同士だった。では? あれ? これっていわゆる「幼馴染みシチュ」ですよね。あれあれ? 都市伝説じゃなかったの? どうなってるの?

僕の高校時代

今回はちょっと自尊心に満ちた昔話をしようと思う。

ぼくが自宅で使っていた PC-9821 model S1(いわゆる9821マルチ)は MS-DOS 3.30B と一太郎 Ver.4 のフロッピーディスクを2台の FDD をガシャガシャ駆使して使っていて、学校で使っていた PC-9821(型番は忘れた)は MS-DOS 5.0 くらいで最新式の HDD なるトンデモない記憶装置を搭載し、これまた最新式の一太郎 Ver.5 for JustWindow を惜しげもなく HDD にインストールしていた。そういう時代である。

多分なんだけど、田舎の農学校としてはなかなかに良いPC環境だったのではないかと思う。教員室には C、COBOL、FORTRAN などの(当時はまったく意味がわからなかった!)プログラミングソフトが大量に並んでいて、僕は足しげく教員室に通いそれらパッケージの箱を眺めては「先生、僕にプログラミングを教えてください!」と頼み込んだものだ。3年間。結局教えてもらったのは BASIC だけだった! おかげさまでファミリーベーシックとあわせて BASIC には詳しかったかもしれない。

そんな好環境であったにも関わらず、授業の内容は「ワープロの使い方」と「表の作り方」だった。ワープロに関しては家で一太郎を使い倒していたので授業はほとんど退屈だった。ただ、Lotus 1-2-3 は使い方がよくわかっていなかったので、授業で覚えたのがほとんどだった。それでも退屈だったので、授業中は先生の目を盗んで MS-DOS をいじり倒していた。config.sys や autoexec.bat を書き換えてはあーでもないこーでもないと頭を悩ませ、時には脳天に鉄槌が下りた。

だが授業で「タッチメソッド」が登場すると、もっぱらそれの習得に時間を費やした。というのもそれまで「一本指打法」だったからだ。それでも僕はワープロの入力速度に関しては学年順位でも一桁をキープしていた(ワープロテストなる試験があったのだ)のだが、タッチメソッドできる先生がちょっとかっこいいと思って真似しようと思ったのがそもそものきっかけだったように思う。

おかげで一時的に入力速度はとんでもないほど落ち込み、平均的なところを行ったり来たりするようになった。だが、楽しい楽しい修学旅行の最中でもバス移動の時間になると紙にプリントしたキーボードを膝の上に広げてはタッチメソッドの練習をした。「むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんがすんでいました」。

半年もするとめきめきと速度が上がり、気がつくと先生よりも高速でタイピングできるようになっていた。タイピングに関して僕の右に出るものはいなくなった。当時あったワープロ検定で、10分間で700文字くらい入力できるのは僕だけだった。

高校二年か三年か忘れたが、ある時、他校の生徒を交えて「ワープロ大会」なるものを開催することになった。確かあれは表つきの文書を作るのとある計算結果を打ち出す表を作るのがあったと思う。ようするに一太郎と Lotus それぞれの試験があったように覚えている。大会に向けてキータッチの練習は入念に行ったし、数式についても色々学習した。

しかし大会当日の驚愕は、今でも明確に思い出せるね。他校の生徒らが持ち寄ったPCはなんとWindows95を搭載していた! そればかりでなくワープロソフトは Word で表計算ソフトは Excel だった(この時初めて、ワープロソフトや表計算ソフトに一太郎と Lotus 以外の選択肢があることを知った)。白と水色の、空のような画面を見てなんか派手というか「ケバい」という印象をまず持った。 そしてマウスがついていた! 彼らはあろうことかあの、使えない、邪魔以外のなにものでもない、あのマウスを使って僕らと戦おうというのだ。僕は必死になってワープロと表計算の中の一体どこにマウスの出番があるのかを考えた。

一太郎は、入力や他の操作を行っていない状態でESCキーを押すことでメニューが開く。そして、たとえば罫線を引きたい場合は、そのまま「K」キーを二回押すのだ。するとカーソルが罫線を引くためのそれに変わり、Returnキーと十字キーで簡単に引くことができる。Lotus1-2-3 は「/」キーでメニューが開いて操作できるし・・・つまるところ、キーボードで簡単に操作できないものは何一つなかったのだ。そして僕は彼らの練習光景を見た。なんと、罫線をマウスで引いている! その上、メニューをマウスを使って開き、セルをマウスを使って選択していたのだ!

僕は度肝を抜かれた。全く考えもしなかったインターフェースとかアプローチとかが目の前にある。が、しかし、よくよく落ち着いてみるとそれは確かに驚愕に値したが「で、それって速いのか?」ということになった。結果だけいうと僕の圧勝だった。直接的な勝因は、僕の方が彼らより二倍近いテキストを打ち込んだからだ。それと、画面上部のメニューにカーソルを持っていくよりESCキーを押した方が速かったし、マウスで罫線ボタンを押しマウスで表を引くよりESCキーを押してKボタンを二回連打し始点と終点を指定した方がまだ速かったのである。だけど、セルの選択はマウスの方が圧倒的に速かった。僕は一位だったが、二位からしばらく下はWin95組がしばらく続き、僕はこの日、時代の変わり目を感じた。

現在、ほとんどのインターフェースはマウスを補助的にあるいは主体的に使用する。実を言うと僕はいまだにこのマウスというものが好きになれないし、Word より一太郎の方が好きだ。が、あの時確かに Excel は Lotus1-2-3 に一つの点において勝ったし、それは同時に一太郎の敗北をも意味したのかもしれない、と思っている。

マウスはキーボードと違いたくさんのキーを覚える必要もなければ、専用のタッチメソッドという困難な入力方法も覚える必要もない。そしてそれを生かすように作られた Word と Excel。これは明らかにインターフェース面の大きな勝利だったのだと思う。未だに Word の動作には「ねーよwww」って思わされるけどね。

さなえさんと僕んちの風景

つられた人は乙さま。

早苗さん。

ちゃんとかいてる。

田植機? いいえ、さなえさんです。

このさなえさん、すごく高性能なのである。
まず、ターンするときは自動で内輪がロックされて急転回できる。
植え込み開始位置を自動的に決定し、転回すると勝手にちょうどいい位置から植え込みが始まる。
植える直前にローターで自動的にしろを掻いてくれる。自動的に農薬も振りまいてくれる。

何を言っているのかわからないと思うが、かように様々な動作が自動化されているのだ。これを我々は「全自動さなえさん」と呼ぶことにした。

全自動さなえさん(以下、「さなえさん」と略す)の優秀な点はこれだけではない。
パネルの字や絵がすげえでっかくて見やすい。レバーがすげえでっかい&軽くてわかりやすい&操作しやすい。
一般道路を走行するスピードは人が走る速度よりずっと速い。デッキの床がフラットで、つまづいたりこけたりしない。

こんな素敵なさなえさんだが、欠点を一つだけあげるとするならば、フラットな床にポツンと置かれた小さな小さなアクセルペダルをすごく見落としやすく、 ついうっかり踏んでしまいさなえさんのエンジンが悲鳴をあげてしまうことが多々あること。これには気をつけねばならない。

そんなさなえさんと僕はともに生きていこうと思った。田植えつかれた。もう半月も前の話だけど。

ついでに周りの写真も撮ってみたよ。

西をのぞむ

北をのぞむ

東をのぞむ

南をのぞむ

僕んちのとこはこんなかんじで四方(特に東西)を山にかこまれております。なのでなんとなく、箱庭なカンジ。

遊びに来たい人、または永住したい人、お待ちしております。

お金の重さ

■金利分17億の返還求め、多重債務者938人が一斉提訴

(読売新聞 - 05月13日 11:48) http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=485987&media_id=20

人の世には、ゼニが回り回ってついてくるものでございます。ゼニは彼此問わず回るものでございます。ゼニとは資本・負債あわせた「価」でございます。ならば世界中の負債を誰彼かに抱えさせたまま彼岸に飛び込ませれば此岸の負債は一時とはいえ消えましょう。

ってなことを8階まで階段登って降りてきたあとにぼろの日記を読んで考えたけどネタにならなかった。

でまあ、お金のはなし〜。どんどんぱふぱふ。ずいぶん昔になりますが高校の頃の同級生にこんな話を持ちかけられたことがよくありました。「友人を紹介するだけで紹介料が」はいそれネズミ講です。だいたいなんだよそれ。なにお前ひっかかってんの。ちょっと考えればわかるだろ。だいたい話の出だしが「紹介するだけで」。「〜だけで」とかついたら疑えよバカ。洗脳されてたので早々と縁切った。で数年したら電話きた「頼みがあるんだ」断る。「金ちょっとだけ借りるから連帯保証人に」二度と電話してくるなバカ。

早々と電話を切ろうかと思ったが、あまりにも泣きそうな声だったのでちょっと話をした。つっても俺はそういうお金の貸し借りのことはまったく知らない。消費者金融なんて単語すら知らなかったお年頃だ。だいたい俺がいくら借りるか訊いたらちょっと考えて「5万くらい」ってお前嘘つくの下手すぎるにも程があるだろ。お前がすでにその何十倍借金してるかも、借りた金返すために金借りるのを何回繰り返したかも知らないけど、そんなことしてもマイナス増やしてるだけじゃん。借金はプラスになった直後にマイナスに転嫁してるんだから。いいか借金っていうのはお金がプラス方向にも動くけど同時に同じだけマイナスにも動かして、0円を100万円に見せかける方法だろ。実際のお金は1円も動かないんだよ。だからお前が借金を返す方法は、普通に働いた金を穴につっこむしかないわけ。わかる?

確かそんなことを説明して説教したつもりになって得意満面に受話器を下ろした記憶がある。結論からいうと自分がいかに無知かを直後に思い知った。利子のこととか忘れてた。色々理論的に間違ってた気が・・・する。自信満々に間違った。うわなにこれ。ハズ。

というのも我が家の家訓は「無用な借金はするな」でして。まあ車のローンとか住宅ローンとかそういうのは有用な借金なので認めてやる。そもそも我が家は無用な借金ができないほど大量の借金に常に追われている家系、つまり農家であるんだなぁ。百姓の仕事にはものすごいお金がかかる。ちょっとした大型コンバイン(稲刈り機)とホンダNSXの値段がほぼ同じなんですよ。知ってました?

まあ農家に限らず、たいてい会社を興したり仕事をはじめるときはマイナスからはじまるわな。で首が回らなくなるとどこもマイナスにマイナスを重ねようとするんだよね。農家の場合、具体的には「服を買う金がない」とか「年を越す金がない」で、金を借りたり、またはツケ払いにすることが多かったらしい。農家には担保となる資産はほとんど土地しかなかった。主に山を担保にしたらしい。で、払えなくなり山を呉服屋や醤油屋に持って行かれた。うちの目の前にはそういう山々がいくつもある。その山はかつての呉服屋の名前で今でも呼ばれ続けている。

で何の話だっけ? 「ご利用は計画的に」これだ。あと呉服屋と醤油屋はもうかるのでやっとけ。えっとあと、計画は数十年単位で立てるといいよ。ゆっくりした返済計画。これね!

あと一つ言い忘れた。例の貧乏巫女を見習え。ヤツはいくら貧しくても借金だけはしてませんゾ!