NEW <- : 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 : -> OLD

2007/12/12

パイソンPython

相変わらずいつなんどき何に興味が向くかわけのわからないワタクシ。また最近になってPythonに興味わいてきた。

で、今は何してるかっていうとついさっきまでURLエンコーディングについて考えてた。 URLエンコーディングっていうのはほら、よくWIKIとかGOOGLEとかの類にあるURLの後ろに"%"と英数字がいっぱいついてるやつ。あれのことなんです。 あれは2バイト文字をサーバとかそういうのが解釈できるように符号化したもので、「URLエンコード」でググると、簡単にURLエンコーディングができるサイトがぼろぼろ出てくるです。 でまぁ、Pythonでもできるのかなーってふと気になった。やってみた。ちょっと1週間近くつまづいた挙句にぱっと閃いたら30分くらいで完成した。

http://iso.tank.jp/sandbox/py/urlende.cgiで、エンコードしたい文字列を入力して文字コードを選んで送信すればいいです。 その文字コードで変換したわけのわからない文字列があなたを出迎えてくれます。逆にわけのわからない文字列をわけのわかる普通の単語に戻す(デコードする)こともできます。 この時、変換元の文字コードがわからないとエラーを吐き出すので注意。

エンコードは一行で済んだ。なんかある意味すごいわ。でもUnicodeの扱い方がちょっとよくわからなくて混乱した。

文字列 = urllib.quote_plus(unicode(文字列,'utf-8').encode(文字エンコード),':;/')

urllibっていうのがモジュール。quote_plusっていうのがurllibモジュールについてる関数。unicodeは標準でついてる関数。encodeはメソッド。 あ、日本語のところには変数がはいります。quote_plusの第二引数":;/"はエンコードしない記号。仕様は、 「入力されたUTF-8の文字列をUnicode化し、できあがったそれをユーザーお好みの文字コードに変換し、それをURLエンコードしちゃいなさい?」 となるです。もしUTF-8以外の文字列が入力されると多分エラーを吐き出すかも。HTMLそのものがUTF-8で作られてるから、入力される文字もUTF-8じゃないとおかしいんだけどぬー。

デコードはこう。

文字列 = unicode(urllib.unquote_plus(文字列),文字エンコード).encode('utf-8')

「入力されたURLエンコードされているはずの文字列を普通の文字列に直して、できあがったお好みの文字コードで構成されているはずの文字列をUnicode化し、それをUTF-8に変換しなさい?」 という仕様。だいたい。エンコードもデコードも「はず」という前提で動いてるから、あまり無茶はしてやれない。っていうかデコードも一行で済んでますね。色々すっ飛ばしてるからね。

で、要所要所にちりばめられている「unicode」。まずは、「Unicode」と「UTF-8」は"違うもの"ということを理解する必要があるようです。 よくはわからないけどUnicodeというのは文字コード表そのもの、つまり「文字コード本体」のことで、UTF-8というのは「符号化方式」えーとつまり「変換方法」のこと、みたいな。 結局どういうことかといえば、ある文字コードから他の文字コードに変換したりするのに、いったんUnicode表記にしないと他の文字コードに変換できないっぽいらしいということ。

ENCODE: UTF-8→Unicode→お好み→URL文字列
DECODE: URL文字列→お好み→Unicode→UTF-8

こゆこと。

あと、Pythonは標準でエラー処理について色々と充実している。っぽい。

try:
    文字列 = unicode(urllib.unquote_plus(文字列),符号化方式).encode('utf-8')
except UnicodeError:
    メッセージ = "文字列変換誤り。正しひ符号化方式を指定下さるやう。"

TRY節を実行して、exceptにあるエラー(この場合はUnicodeErrorというエラー)が発生した場合はEXCEPT節を実行する。EXCEPT節はいくらでもいっぱいつくれる。っぽい。 この文の後ろに

except:
    メッセージ = "何だか解りませんが、兎に角御免なさい。"

と書いておくと、UnicodeError以外のエラーは全部このように処理されるという仕組み。うーん面白い。

そんなわけで、http://iso.tank.jp/sandbox/py/urlende.cgiでなんか変なエラーとかでたら教えてほしいのです。よろしく。

2009/12/24追記 URL変えてました。忘れてた。

2007/11/28

コメントの書き方( 2007/11/28 改訂)

コメントにちょっとしたマークアップ機能を付加しました。

  • コメントの本文中、引用符( ' )を三つ並べて括った文章は強調されます。
    例:ワシの波動球は尺八式まであるぞ

    ワシの波動球は尺八式まであるぞ
  • コメントの本文中、ブラケット( [ )を二つ並べて括った文章はリンク化されます。
    ブラケット内にパイプ( | )を含めた場合、パイプから左をリンク、右をリンク名とみなします。
    例:[[http://iso.tank.jp|こいつキモwwwwサーセンwwwww]]

    こいつキモwwwwサーセンwwwww
  • コメントの本文中、シャープ( # )を二つ並べて括った文章は、AA用にフォントとかをちょこっと調整します。
    例:##ヽ(∵)ノ
     / /
    ノ >##

    ヽ(∵)ノ
     / /
    ノ >

 |     |\|/ |     |   |ヽ(∵)ノ|
 | ∧ ∧  |/⌒ヽ、| ∧_∧ | ∧∧ |  / /.....|
 |(,,゚Д゚)||,,゚ Θ゚)|(; ´Д`)|(=゚ω゚)| ノ > ..|
 上のAAがズレない環境がry

2007/11/12

リタリン(Ritalin)

塩酸メチルフェニデート? だかいう覚醒剤ならぬ「向精神薬」であるこの 「リタリン(Ritalin)」という薬剤であるが、このたび うつ病への適応が除外された

ぶっちゃけていうと俺が困る。やめてよまじで!

白状すると(前々からブログやら何やらでちらちらと言ってたけど) 結論から述べると俺はうつ病(とADHD、他)なのです。 見えない? まぁそんなひどくないし。毎日ちゃんと薬飲んでるし。 おかげで最近の精神状態は未だ波はあるものの大分安定してきたところ・・・だったのになぁ。

この薬、飲み始めは効き目が強すぎたので、一個を半分にして飲まざるを得なかった。 飲んで10分くらいすると今まで狭く思えた自分の視野が突然開けてくる。木の葉の一つ一つが色も鮮やかに くっきりと見えるようになり「眼が良くなった」と誤解した(実際には集中力が各方面に増強されるのだそうだ)。 カウンセラーさんによると、薬全般にいえることでもあるが、リタリンは「補助輪」なのだ、と言う。 つまり俺からしていうと、「ものへの集中の仕方」が解らなかった俺に、「集中法」を教えてくれた補助輪、ということになる。 確かに多幸感(幸せに感じること)も少なからずあった。世の中がこんなに鮮やかだとは思わなかった。 リタリンを飲んで迎えた最初の秋は紅葉があまりにも綺麗で泣き出した記憶がある。

同時に思うこともあった。ああ、覚醒剤ってこういう感じなのかな、と。成分だかなんだかそういうのが覚醒剤によく似てる、 っていう感じのことはカウンセラーさんと医師さんから何度も説明された。分量を守って、飲みすぎないことが肝心。 ていうかたまに飲み忘れて仕事に集中できなくて(´・ω・`)ショボーンってなることばかりで、 逆にうっかり多く飲んだってことはなかった。 リタリンはあくまで補助輪。服用量は補助輪の大きさ。正しい一定の量を飲んでれば車輪も一定のままだし、走行も安定するのです。

しかし、あくまで補助輪。いつかは外さなければならない日も来る。それは解っているのだけれど、 こんな形で、走行中にいきなりスポーン! とか補助輪引っこ抜かれることになるとはなぁ。

そういうわけなのです。

2007/10/08

笛をふく(1曲うp)

どうも、ソウコです。

やー、ほらなんだかんだ言って珍獣なんですよワタクシ。笛吹くのは楽しい。笛吹きしゅきしゅき! でも誰かに聴かれるとものすげえこっぱずかしくて死ね。'''車ん中なら大丈夫だろうと思って吹きまくってたら 農作業を終えて帰ってきたオヤジにエンカウンター'''。色々言われました恥ずかしい死ね。

で、ぶっちゃけ「笛笛ってそろそろウザい」って思っている閲覧者が大部分を占めておったと思ったところ、 友人から「いやむしろ続きうp」みたいなこと言われて一念発起ピーヒャララ。レコーディング開始するも やはり家族が帰ってくる。中断してしまう。結局満足げに作れたのは1曲だけ。でもいいか、ゆっくり、ゆっくりね。

でこれが今回の曲。

El Condor Pasa

これなら知らないものはいないですよ。賛否両論悲喜交々、ご意見お問い合わせいつでもお待ちしております。

なんていうか結局、誰かに聴かれないとうまくなれないっぽいってゆーか。むしろ誰かに聴かれることで意見聞いたり 反応見たりして明日の糧となるってゆーか。「うp自重汁」でも「うぜえ」でもいいから反応がほしいところ。 ないならないでその空間(間の間)を読んで、つまり脳内解釈するだけですがね!

さて、結局うまいとこ録音できないでいるけどこれから録音していきたい曲はこんなところ。備忘録代わり。

今がんばってる曲:

  • Drowsy Maggie(Irish Trad)
  • Blarney Pilgrim(Irish Trad)
  • 東方萃夢想(東方萃夢想より)
  • Lough Erin Shore(Corrs)
  • Rathlin Island(Irish Trad) ※最難関!

なんか意見ありましたらクダサイ

2007/10/04

姑獲鳥の夏とオイラー(すなわち俺)

姑獲鳥の夏、ようやく読み終わった。

とても面白い。特に、脳と意識、そして心に関する「京極理論」ともいうべき理論展開に引き込まれてしまった。 脳あたりに問題のあるオイラーとしては、熟読せざるを得なかった。嗚呼、こうして京極ワールドに飲み込まれてしまったのです。

以下ネタバレを軽く含む内容になるので、ちょっとだけ間を空ける。

で、ネタバレはオイラーが最も好まないところとするものの一つであるが、それを推してもなおここに書こうとするのは、 前述のとおりオイラーの脳には多少なりとも問題があるからである。

みなさん自分の身体は普段どう意識していらっしゃるだろう? 少なくともオイラーは、「容れ物」のように感じている。 身体という容器があって、中身は空っぽである。いや、中身は実は「オイラー」で満たされている。だがその実、中身の「オイラー」は 結構スカスカで、身体の中を泳いでるようにも感じることがある。で、この容器には大きな穴が二つある。「オイラー」はそこから この世界を覗いているのである。

はい、意味が解らないと思う。つまりオイラーはこの身体の中に「引っ込んでいる」のである。目ン玉という穴だか双眼鏡だかそんなものを 仲介して、この現実世界を覗いている。オイラーはいつだってそんな感覚に捉われている。 ゆえにオイラーは、自分の身体というものに対して「自分のものである」という感覚に乏しい一面がある。はっきりと「これオイラーの手」と 制御下においていないような、そしていつか裏切られてしまうような、そんな猜疑心に駆られているのです。

たまに勝手に動いているような感覚がある。というか、オイラーが知覚しないところで手とか足が勝手に動いていることがある気がする。 以前「エイリアンハンド症候群」という病気について興味を持った事がある。調べて余計に自分の身体に対して恐れを抱くようになった。

椅子に座ろうと思ったら、なんか身体が半ひねりして椅子を回転させながら座っていた(らしい)ことがある。周囲の目は白かった。

あと、バレーで普通にアタックするはずがやはり身体が半ひねりしてかなり不可思議な背面アタック(?)を打ってこれがコートに入った。 仲間はほめたたえたがオイラーはなんでそうなったか理由がよくわからない。

こんな経過からオイラーは絶対なんかおかしいと思ったが、たぶん青っぽい春のせいだとも思っていた。だが今でもそれらは変わることなく、 これも青っぽい春のせいなのだとしたらオイラーはどんだけ未熟な人間なのか(心的な意味で)。

話が長くなったが、とにかくオイラーは心と身体の調和がとれていないのかなんなのかは知らないが、なんかこうなんだこれ? ってそんな感じ。 つまりオイラーが極めて自閉的だからというのはあるのだけど、そのあたりの観点が多分、京極理論にすごく共感したのかな? と思う所存。

あ、てか小説の内容ですよ。推理物では最近ありがちな「依頼人がすでに重要人物」というパターンでありながらも、ものすごく引き込まれた。 このへん、小説内にある「全体像を見れば実は大したことない」的な言葉は自嘲的だな、と思った。

というわけで次の本は「魍魎の匣」に決定。「どすこい(安)」とどちらにしようか悩んだけど、友人の推薦により。

NEW <- : 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 : -> OLD

Search

Option

Document

Comment

アイテム詐欺で「再」逮捕
04/14 : Lela Guzman
カテゴリ名変更&新しい楽器がふえたよ
02/14 : そうこ
06/26 : 室井
08/20 : そうこ
09/22 : そうこ
春よ、来い
05/08 : simuzy
05/08 : simuzy
05/12 : そうこ

Tackback

リタリンの処方が打ち切られた
03/27 : ノビじいの鬱々日記
foreshortenedプラグイン改造
01/23 : ISO TANK!

Log

2016年
11月
2014年
2月 1月
2013年
1月
2012年
7月 2月
2011年
6月 3月 2月
2010年
12月 11月 6月 4月 3月 1月
2009年
12月 11月 10月 9月 8月 6月 2月 1月
2008年
12月 11月 10月 9月 8月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2007年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2006年
12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
2005年
12月 11月 10月 9月 8月 7月

Link