iso tank

Pythonいじり

なんだか暇なので、レスポンスヘッダ表示装置を国際化ドメイン名に対応させてみた。

作るにあたって色んな国際化ドメイン名を調べてみたけど、中国とか台湾とかやたら多いのな。

あと下記はhttplibライブラリの例外クラスの引数のメモ。どこにも書いてなかったからさ。

httplib.InvalidURL
引数の持つプロパティ:message
httplib.NotConnected
引数の持つプロパティ:message
httplib.UnknownProtocol
引数の持つプロパティ:message, version
httplib.IllegalKeywordArgument
※なぜかraiseしただけでInternalServerErrorになるなーと思ったらPython 2.6.2にはない例外だった。
SourceForge参照。
httplib.UnknownTransferEncoding
引数の持つプロパティ:message
httplib.UnimplementedFileMode
引数の持つプロパティ:message
httplib.IncompleteRead
引数の持つプロパティ:message, expected, partial
httplib.CannotSendRequest
引数の持つプロパティ:message
httplib.CannotSendHeader
引数の持つプロパティ:message
httplib.ResponseNotReady
引数の持つプロパティ:message
httplib.ImproperConnectionState
CannotSendRequest、CannotSendHeader、ResponseNotReadyの親クラス。
引数の持つプロパティ:message
httplib.BadStatusLine
引数の持つプロパティ:message, line
httplib.HTTPException
httplib下の例外クラスすべての祖。
引数の持つプロパティ:message

Pythonのお勉強

Pythonのお勉強の一環でレスポンスヘッダを表示するスクリプトを自作してみた。

なんだかんだ他のサイトにもあるけど広告とか不要なものとかがウザかったので。作ろうと思ってからだいたい1日でできあがった。何かをやろうとして完成するまでの現在最速記録なんじゃないかな。えっへん。

お寿司を食べに行きましょう

「回らないお寿司をみんなで食べに行きましょう」
俺「それはとても良い考えです」

~当日~

俺「そろそろお寿司の時間です。回らないお寿司は人生で二度目なのでとても楽しみです」
「緊急事態です。組織内のネットワークが全てダウンしました」
俺「残念ながらお寿司を食べに行くのが遅くなりそうです」
「作業員の到着まで1時間かかりました」
俺「どうやらお寿司は無理そうです」
「さらに2時間が経過しましたが原因はつかめません」
俺「おなかがすきました」
「お寿司が余ったのでパックして持ってきました」
俺「涙が出そうになりました」
「さらに2時間が経過しましたがどうにか復旧しました」
俺「家に帰って一人でお寿司を食べます」
「組織内のネットワークが全てダウンしました」
俺「わあしねばいいのに」

さらに4時間が経過してどうにか復旧しました

クマー

世間が熊くまクマと騒がしいので。

前から何回か記事にも書いてたけど、俺ん家の裏山には普通にクマが住んでます。
ヒグマじゃないよ。ツキノワグマ。

この間ソバ畑荒らされた。クマって基本的に雑食だから、食おうと思えば大抵の物は食えるっぽい。ソバでも鶏でも。

じゃあ殺さなきゃならないかっていうと、別に蕎麦畑荒らした程度で狩るほどのものでもないっていうのが、住んでる者としての考え。

あとこれは蛇足なんだけど、うちの地元の神社は熊野神社で、氏子は基本的に熊を殺したり食ったりすることが禁じられてる。
氏子じゃない、ヨソから来た人間なら問題ないんだけど、できれば地域内で熊は狩るな、食うな、ってことになってる。
でもこれはあくまで「たまたま」なのであって、別に熊が可哀想とかそういうことじゃない。

ちなみに隣の地域にも別の「熊野神社」があるけど、こっちの熊野神社は熊は積極的に狩れ、狩ったら解体して神社に奉納し、 肉は氏子で分けて盛大に酒盛りしろ、ということになっている。

俺は神道とか疎いけど、名前に「熊」入ってるからって熊に何かこじつけることはないんじゃないの、って思うんだけどそこはまあ。

蛇足長くなったな。
でもまぁ、今は俺ん家の山の蕎麦畑一枚だけで済んでるが、これがひどくなったらさすがに色々考えにゃなるめえ。

で、
それぞれにはそれぞれの社会があって、それぞれその枠組みの中に収まってりゃ何の不都合もないわけだ。 たまにこうやってはみ出たものが他の社会に図らずとも侵略してしまうものがいて、これがやれ殺すなだの殺せだのと騒がれる。

何がおかしいってそりゃおめえ、中には一生懸命先祖代々受け継いできた土地を守らにゃいかんって必死で銃担いで見回ってる人もいるだろうに、 そこに自分の安全な社会の中からピーチクパーチク鳴かれても、そんなものはさえずりでしかねぇよ。 かといってどこぞのグリーンピースだかシーシェパードみたく来られても困るが。

まああれだ、田園風景なんてのは当然のことながら人工物だ。それを「自然」とか言われると農家としては違和感がある。 山だって綺麗な山ってのは大抵枝打ち、下刈りしてるもんだ。本当に人間の手が入ってない山ってのは伸び放題だから大体は薄暗くて気味悪いぞ。富士の樹海とか。

で、シーシェパードだか緑豆だか熊森だか、ああいうのは何がしたいんだろうな。どこかほどよい「クラシック」がお好みなのか、それとも200万年ぐらい遡らないと気が済まないのか。

今年の田植えも終わった

俺の分だけな!

さなえさんの勇姿。
今年もさなえさん大活躍でした。

ウチで使ってる肥料。
有機大魔王(80)。

百姓も英語を扱えるという証左。
ひどいよね。ネーミングセンスとか。